西野そらの日々の事ごと

日々のさもない事ごと

避けられない衝突

 瞬間的にブレーキを握ったけれど、まにあわなかった。 

 脇道から街道に入るために停車している車をよけ、車のうしろ側を目指して自転車のハンドルを左に傾けた途端。いきなり目の前に若い女性の顔が現れた。

 ブレーキを握るも、甲斐なく衝突。そして倒れないように踏んばるも、あえなくわたしは転倒した。

 彼女にしたら、停車している車をよけ、左にハンドルを切るやいきなりおばさんの顔が現れ、自転車のブレーキをかけるも、甲斐なく衝突した、となる。しかし、ここからわたしと違うのは、踏んばりがきいた彼女は転倒せず、そのご救急車を要請し到着するまで、わたしを介抱する身に転じたことだ。 

 

 右目を手で抑え転倒したままわたしは動けなかった。右顔面と頭が猛烈にイタイ。

「大丈夫ですか」声の主は衝突相手の彼女。これまでに味わったことのない痛みを感じつつもダイジョウブと小さくこたえ、彼女の怪我の程度を訊く。

「わたしは怪我してないです」

ソレナラ、ヨカッタ。

 

 救急車がわたしを搬送した先は、近くにある総合病院のERだった。問診のあとCT検査を受ける。診断は眼窩底骨折。全治一ヶ月。

 ことしの3月まで自転車通学をしていた次女に、車にはきをつけてね。スピード出しすぎないでね。脇道から出てくる人に気をつけるのよ。口酸っぱく言ってきた。

 でも、このたびの衝突でわかった。事故が起こるのは一瞬のこと。避けようにも避けきれないほどの一瞬。どうにもならない一瞬は、ある。

 

 彼女と再会したのは衝突してから4時間半後の午後10時前だった。ER診察室前のベンチで駆け付けてきた家の者と会計をまっていたときだ。「大丈夫ですか」彼女が声をかけてきた。

 衝突した時の緊張した顔とは違い、可愛らしいお嬢さんだった。怪我はないと言っていたが、左手小指に軽い捻挫をしたそうだ。とはいえ、それ以外は痛みもないと聞いて安心する。そして互いに謝罪しあった。

 車の手前では互いの姿を確認できなかった点、突然顔が目の前に現れ、あの衝突は避けられなかったという思いが共通していたことを確認しあえたのはよかった。これで「思い出したくない事故」とはならないだろうという気がした。

 不注意というのではなしに、避けられない事ごとがあることを知るのは、きっと大事。

 

f:id:sosososora:20190706112850j:plain

井の頭公園 リスの小径にて

撮影 長女。

西野 そら