西野そらの日々の事ごと

日々のさもない事ごと

それだから、筍を買いました。

 昨年のクリスマスはツリーを飾らなかった。クリスマスツリーだけでなしに、お雛様も飾らなかった。それだから、八百屋のまえで聞こえたきた「筍お買い得だよ!」の掛け声にハッとして、筍を買いました。

  

 19年前に買ったクリスマスツリーのサイズは130センチ。娘たちが幼いころは、自分より大きなツリーに気に入りのオーナメントを飾りたがり、チカチカ光る電飾に目を輝かせたけれど、年々、飾りつけはわたし任せになり、ツリーを飾ったとてほんの一瞬、目を輝かすだけとなり、チカチカ光る電飾は点灯する回数が減る一方だ。

 物置からツリーが入った箱をだしてひとりで飾り、一週間ほどで片づけるのは一仕事。「今年はツリーを出さなくてもいいよね?」とか「小さいツリーに買い替えない?」とか。これまで何度となく出す手間から逃れるべく提案をしてきた。だというのに「クリスマスにツリーを飾らないなんて、ない」「うちのツリーがいい」返ってくるのは決まって、こう。

 で、ときには強制的に手伝わせたりして、これまでなんとかかんとか飾ってきた。

 

 しかし、昨年はちがった。

 とにかく、娘たちと夫が家にいない。夫と長女は仕事で帰らず、次女も塾から帰ってくるのは午後10時をだいぶ過ぎたころ。それぞれが外でエネルギーを使い果たし、うちには寝るために帰る、というような感じ。この状態が3月まで続いたのだ。

 たのしむ人がいないのだもの。だからクリスマスツリーもお雛様も飾らなかった。

 飾ってあれば目の端で季節を感じて、娘たちは一瞬でもホッとしたかもしれないし、わたしが自分のためにクリスマスもお雛様も楽しめばよかったのかもしれない。

 横着せずに飾ればよかった。と思わないわけでもないが……。クリスマスの楽しさを、お雛様を飾るよろこびをともに味わう人がいるからこそ、一仕事でもしゃーない(仕方ない)と思えるのだ、わたしは。

 

 仕事が休みの月曜日。

 大きな鍋に筍2本、唐辛子、糠をいれて茹でる。冷めた筍の皮を剥き、半分に切る。一本分は水を張ったタッパーに入れて保存。もう一本で筍ごはんをつくる。

 ご飯ならともに味わえなくとも、それぞれが季節を味わう姿をそばで見ることができる。

 ともに味わえなくとも……、と思っていた矢先に長女、次女と夫からの連絡。めずらしく揃っての夕飯となることがわかった。そのうえ、リクエストまで。「筍の醤油焼きが食べたい」

 こうなると、俄然張り切っちゃうのである。

 

f:id:sosososora:20190409153603j:plain

翌朝の朝食。

残った筍ご飯でおにぎり。

西野 そら