西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

夏といえば……

 夏といえば入道雲。素麺。蝉の声。かき氷。浴衣……。「夏といえば」のあとに置く言葉は数多あれど、今夏のわたしはこれだ。

 夏といえば高校野球

 次女は高校3年生。甲子園をめざす同級生が予選のコマを進めるべく、闘いの只中にいる。只中にいるのは同じ学校に通う球児たちだけではない。中学時代の同級生で、小学校に上がったころから知っているTくん、Oくん、いまでもたがいの家を行き来するMちゃんは野球部のマネージャーとして、それぞれの学校で甲子園をめざしている。

 次女はダンス部。野球とは無縁そうであるが、ダンス部が野球部の試合の応援担当なのだ。ただダンス部は3年生になるや引退するため、同級生の応援はできない。野球部の応援は高2の夏が最後となる。そのうえ、平日にある試合は授業で応援にゆけないため、早々に予選敗退となれば球場に足を運べない。次女の学年は一度も球場にゆけずに、引退したのだった。

 ところが。ことしはちがった。

「野球部の試合、日曜日なんだって。後輩たち、スタンドで踊れるんだよ」

 興奮ぎみに、そしてわずかに羨望の面持ちで次女が言った。わたしは後輩の子たちが踊る姿を観たくなった。

 

 試合当日の日曜日。

 試合開始は昼過ぎ。サングラスをしていても眩しいほどの日差し。まとわりつくような暑さで、最後まで試合を観ていられる気がしなかった。

 入場口からつづく短い階段を上るとスタンドに出た。一気に視界が広がる。青い空。大きなスコアーボード。緑の芝生と茶色い土。白いユニホームに身を包む球児たち。スタンドで声援をおくる人。管楽器の音と歌声。金色のポンポンを手にチアの衣装で踊るダンス部。かつてテレビで目にしてきた光景が目の前にあった。

 はじめのうちは、目当てのダンス部の踊りが気になったが、日陰のないグラウンドに立つ球児たちのひたむきな闘志に目が離せなくなってくる。目を凝らすと、グラウンドに立つのはレギュラーの選手ばかりでない。一塁と三塁には走塁を判断する選手がいる。審判員たちは回が変われど、グラウンドに立ちっぱなしじゃないか。

 娘の学校の選手を応援するのが筋であるが、炎天下でプレーをする相手チームの選手も、走塁を判断する選手も、審判員にさえもガンバレと言わずにはいられない。胸の内ではあるけれど。スタンドで応援する部員、子どもを応援する保護者、先生たちにもだ。

 

 年々暑くなる一方の夏。炎天下で行われる高校野球のありかたに疑問を感じていなかった訳ではない。ただ、身近な人たちが臨む高校野球をみると、否定的なことばかりもいっていられなくなる。

 しかし。長袖に長ズボン、ソックスにストッキングのユニホーム、あれはなんとかならないものか。如何せん暑苦しい。

 

f:id:sosososora:20180717044321j:plain

 金網にピントを合わせたわけではないのですが……。

西野 そら