西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

とんとん

 手は忙しなく動いていた。焼き網の上の肉をひっくり返し、ワイングラスを口に運び、サラダを小皿に分ける。夫と娘たちに「この肉は焼けた」「それはまだまだ」と指示しつつ食べたり、飲んだり、勧めたりしているものだから、隣のテーブルの家族が帰ったのも気がつかなかったほどだ。

 ふと、横を見ると女性店員がテーブルを片付けている。と、そこへ3、4人の男子学生が歩みより、その中の一人が店員に話しかけた。

 彼らはわたしたちが入店したときから店の真ん中のテーブルを陣取っていた団体の仲間で、その団体は焼肉店の近くにある大学の学生と教授だろうと思われた。

 学「ごちそうさまでした」

 店員「いつから行くの?」

 学「三月からマンハッタンです」

 そうか、あの団体は送別会だったのね。この学生はよく来店していたのだろう、親子ほど年の離れた店員さんとは顔なじみだったというわけだ。わたしは忙しなく手や口を動かし、目は肉やワイングラスから離さず、耳だけがダンボになった。 

 店員「どのくらい行くの?」

 学「3年です」

 店員「3年か。帰ってくるころにはわたし生きてないかもね」

 わたし「えぇ〜」

一瞬、会話がとまり、店員、学生、家族の誰もが固まったのがわかった。あぁ、やらかした。学生と親子ほど年の離れた店員は、つまりはわたしと同世代。いくらなんでもこの3年で死にやしなかろう。そんな思いがついつい声に出てしまったのだ。そのうえ、

「あら、やだ。会話に入っちゃった」

とまで、わたしは口走った。思ったことがそのまま口を衝いて出る。このひと言を合図に時間は流れはじめ、店員と学生はなにごともなかったように話しながら、静かにその場を離れていった。

 家族だけになったわたしたちはしばらく笑い転げたが、はたして笑い話ですませてよいものやら……。思ったことを胸の内に留めておけない。独り言が多い。これは老化現象のひとつであると、なにかの本で読んだのだ。でもしかし、笑いには老化防止の効果があるともいう。人の体は神秘に満ちている。ここは、とんとんということにしておくか。

 

f:id:sosososora:20180220135412j:plain

赤メガネ(上)から黒メガネ(下)に変えました。

見えすぎて不調をきたす場合があるのですね。

年齢を重ねるとともに、見えなくていいと思えるものが

ふえてゆくのでしょうかねぇ。

えーと、シミとかシワとかそういう類(それもありますが)

とは別のはなしですよ。

西野 そら