西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

日々のこと

 仕事始めの5日。終業時間の午後5時を少し回ったところで外に出て驚いた。

まだ空がほのかに明るい。ほんの2週間まえ。仕事納めだった12月21日には、同じ5時過ぎにはすでに真っ暗だったというのに。

 2週間分、春にちかづいたってことですな。

 

 1月2週目。月曜日。

 買い物からの帰り道、わたしの住むマンションの花壇で楚楚としたスイセンをみつける。群生しているのではなしに、住人の手によって植えられた2本。スイセンを見ると、その香りのよさを確認したくなってつい顔を近づけるが、この日は寒さに負けて、スイセンの存在を認めるにとどめる。

 冷たい風が鼻腔を刺激するものだから、誰かにお辞儀するように下を向いて歩いていたのだ。まさかスイセンにお辞儀することになろうとは。移ろう季節のはからいだろうか。

 

 1月2週目。日曜日の夜。

「おやすみ」

 高2の次女が自分の部屋にいったのは午後11時であった。おやすみのあとに「ああ気持ち悪い」とも言っていたが、さして気に留めずわたしも布団に入る。

 しばらくして、もどしたと次女が告げにくる。すっかり寝入っていたわたしは寝ぼけながら「何を食べたか」前日とこの日の食事事情を思い返す。嘔吐したときいておもいついたのは食あたりであった。しかしあたりそうなものは食べていない。現に次女以外はみな寝ている。もしや胃腸炎か。「とにかくお腹を温めて」わたしの布団のなかの湯たんぽを次女に持っていかせる。

 午前1時過ぎ。

 数度、嘔吐をしたという次女が歪んだ顔をしてわたしの枕元に立っている。ムカムカして眠れないと言う。わたしの布団にいれる。手首の下あたりの内関(ないかん)という、ムカつきに効くツボを押したり、胃に手を当てたり、背中をさすってやったりするものの、午前8時まで1時間毎に嘔吐を繰り返した。

 午前9時前。かかりつけの病院での診断はやはり胃腸炎。処方された薬を飲み、ようやく次女は眠りの世界のひととなった。どうやら今夜もわたしの布団で寝るのらしい。いまも体調が悪いと次女は厭わずにわたしの布団に入ってくる。いい歳をして、なんぞこれっぽちも思わない。

 ああ、今夜もぬくぬくな布団だ。

 

f:id:sosososora:20180116020317j:plain

これでブログを書きます。

場所はダイニングテーブル。

西野 そら