西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

少年

 テレビ画面の左上にある天気表示。その朝、東京の天気は午前午後ともに傘と曇のマークが表示されていた。天気予報を信じないわけではないが、窓を開けて空のぐあいを見る。外気に当たって温度を感じる。たとえば20℃と数字で表示されても、季節によって20℃の感じかたはちがう。天気予報を手がかりに、自分で感じ、見込んで、着るもの履く靴、持ち物を決める。

 予報通り低く垂れ込めた灰色の空からは傘なしでは歩きたくない程度の雨粒が落ちていた。 

 天気予報を参考にしつつ、わたしも傘を手放せない1日であろうと、見込んだ。

 さて、仕事に行かねばならぬ。少々の雨ならば、レインコートを着て自転車通勤をしているが、雨脚が強いので電車で行くことにする。

 話が長くなったが、ここからが今日の本題。

 午前9時半から午後5時までの仕事を終えて、駅のホームに着いたのは午後5時半前。帰りのラッシュ時には少し早いが、ホームに入ってきた電車はそれなりに混んでいた。

 つり革を掴む並びのなかに空間をみつけ、わたしはそこに身をすべらせ白い輪っかを掴んだ。

「特急列車が通過してからの発車となります」

 車内にアナウンスが流れる。3分の待ち時間ときくや、瞬間的に斜め上の広告モニターに目をやる。数社の広告やニュースが終わり、2巡目にはいったところで、下方から視線を感じた。それとなく目線をさげると、わたしのまえには高学年の小学生と思われる男の子が座っている。

 少年はわたしの顔を窺っていた。ハッとした。少年はわたしに席を譲るべきか、迷っているのかもしれなかった。

 やめて、やめておくれぇ。

 そりゃ少年からしたら、わたしなんぞ席を譲るに値する十分な年齢なのかもしれぬが……、いやいや年齢的にもまだ早いはずだ。よく顔を見せてやりたいが、かえって席を譲れと催促していると思われては困る。とっさに広告モニターに顔を向け、やにわにシャンと立ちなおす。

 そうだ、今日は疲れたから口元のたるみが一層たるんで、老けて見えるのかもしれない。さらに頭を反り返し、口角も引きあげる。

 首尾よく、少年は行動におこさなかった。が、たるみを引き上げるために見上げた広告モニターには、ちょうど皺とりアイロンスチマーの広告がながれていた。

 こういうことって、結構な頻度である。偶然であるかもしれないが、偶然は必然ともいうし。こういう取るに足らないようなことでさえも、偶然(必然)のおこるタイミングはキセキであるような気がしないでもない。

 この先、この類の驚怖がたびたび起こるのだろう。そうして、しだいに驚怖が驚怖でなくなってゆくのかもしれぬ。

f:id:sosososora:20171017141224j:plain

川村記念美術館

庭園を散策する時間がなく心残り。

西野 そら