西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

原稿は楽譜

「おすすめの絵本は?」

こう訊かれたら、まず浮かぶのは『まさかりどんが さあ たいへん』(かこさとし小峰書店)である。

 かこさとしといえば、だるまちゃんシリーズ、『カラスのパンやさん』『どろぼうがっこう』と数々の絵本があるし、どの絵本もなんども読み返してはきたが、だれかに教えたくなるのは、やっぱり、まさかりどん。

 

 はじまりは、まさかりどん(まさかり)が木をたおしたこと。まさかこのはじまりがあんな展開になろうとは……。大工道具、裁縫道具、機械用工具が次つぎに登場し、いろいろな物が作られてゆく。道具の名前を知る楽しみもあるうえに、作られたものが最後にすべて繋がる。おはなしとしても小気味よい。

 

 この絵本に出合ったのは長女が幼稚園に通っていた17、8年前。書店で、なんとはなしに手にとり表紙を開いた。かこさとしの独特のタッチで描かれたまさかりと木。長女は気に入らないかも。にわかにそう思いつつ、読みはじたのだった。

 ところが。

「あるひ あるあさ あるときに……」

 なんともここちよいリズムの書き出しに、思わず声をだして読みたくなる。もちろん黙読をしたのだけれど、何枚か頁を繰ってもリズムよくことばが続くものだから、どしても最後まで読みたくなった。

 考えてみると長女のためというよりは、自分のために求めた絵本だったのかもしれない。

 

 原稿は楽譜(こころのうちで音読しながら書く)。

 これは、文章教室の山本ふみこせんせい(*)が、文章を書くにあたって大切にしていることをいくつか個条書きされた中の一つである。それにくわえて、原稿は楽譜ということを折々で口にされるから、このことはそうとう大切なのだ。

 わかっちゃいるが、書くとなるとなかなかうまくいかないんだなぁ、これが。まあ、書くことはさておいても、読むということでは大切の意味をことさらに実感できる。

『まさかりどんが さあ たいへん』は絵の可愛らしさもさることながら、リズムよく進むことで子どもの気持ちをつかむのかもしれない。

 自分のために求めた絵本ではあったが、あにはからんや、長女も次女も大の気に入りとなった。しまいには初めから終わりまですっかり諳んじるほどに。

 

 

   (*)山本ふみこ 随筆家。『朝ごはんからはじまる』(毎日新聞社)、『おとなの時間の、つくりかた』(PHP文庫)、『こぎれい、こざっぱり』(オレンジページ)、『家のしごと』(ミシマ社)ほか、著書多数。

 

 

f:id:sosososora:20170919084350j:plain

写真を撮るために長女の部屋の本棚からとりだしたとき、

「懐かしい。これ好きだったなぁ」

と、長女。いつかまた読み返す日がくるでしょうね。

西野 そら