西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

どうにもト・マ・ラ・ナ・イ

 気がつけば、8月も半ば。

 肌を刺すような強い日差しの日もあったけれど、年々蒸し暑くなってきている。日陰に入ったとて、纏わりつくような湿気からは逃れられず、逃れる方法はクーラーをつけるしかない。が、クーラーをつければつけたで体が重くなる。 

 自然の暑さにも人口の涼しさにも対応しづらくなっている。いったいどうすりゃいいんだか。

 この蒸し暑さでなにより厄介なのは、少し動くだけ滝のごとく流れる汗である。それもわたしの場合、汗をかくのは首から上の頭と顔。一度汗が流れだすと、そうそう止まらないから、電車にのる外出がじつに難儀なのだ。      

 うちから最寄り駅まで歩いて7分。さして歩くわけでもないのに、ホームに到着し歩を止めるや、首筋にツーと汗が流れる。ポツポツと鼻のまわりに汗が吹きでる。

 首をハンカチ、それもタオルハンカチで拭う。すぐさま鼻にも押し当てるがその隙に首スジからも髪の生え際からも汗が流れる

 顔を拭いては首を拭う。首を拭いては顔を拭い、この時点でタオルハンカチはしっとりとなる (でかけるときはタオルハンカチを2枚持たなければ間に合わない)。少しでも涼もうと扇子を仰ぎもするが、生ぬるい空気をバタバタしたとておさまるような<柔>な汗ではない。ほどなくして冷房の効いた電車の乗客となるが、いつまでたっても汗がひかないから、ほんとうにイヤになる。

 押し合うほどではないにしても、前後左右近くに人がいる狭い空間。止まらぬ汗が恥ずかしい。これだけ汗をかいているのだから、汗臭いかもしれず。申し訳ない気持ちと恥ずかしさで、別の類の汗がでてくる。

 こうして、目的の駅に到着するまでわたしは汗とたたかう女、いや、ハタから見ればオバサンとなっているのだ。まったくこの時期の外出の難儀なことといったら……。

 でもしかし。この蒸し暑さに辟易しようとも、季節はめぐり秋の気配を感じるこのごろ。まさかこれで終わらないよね。もう少し夏にとどまってほしいと思っているのだから、手前勝手なものです。

 

f:id:sosososora:20170815065338j:plain

先週末、茨城県の海。

ひたち海浜公園であったロックフェスに娘を

送って行った夫が撮ってきてくれました。

片道3時間の小旅行。

西野 そら