西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

警報音

 そういえば、2011年3月の東日本大震災以前にもあったのだろうか。

 テレビで流れる緊急地震速報の警報音のことである。

 以前からあったのかもしれないが、警報音がなるほどの大きな地震を経験していないものだからか、わたしは東日本大震災で初めてあれを聞いた。

 ビィビィビィーとか、ウーウーウーとか、耳をつんざくような音でないにもかかわらず、あのチャララン、チャラランという音の重なりと男性の声の注意喚起のアナウンスは、なにをしていてようともたちどころに緊張感と恐怖心を膨らませた。

 とはいえ。

 当初こそ、あの音が鳴るたびに恐ろしくなったものの、誤報であったり揺れのさほど大きくないことが続いたりすると警報であるというのに、きっと大きな揺れはないだろう、と緊張感は薄れていく。あの根拠のない思い込みはポジティブ思考なのか。はたまたお気楽なのか。それともただ、不安を抑制するため、大丈夫と自らに思わせるためか。

 しかし、強い揺れを経験して知った緊急地震速報の警報音のすごいところは、それを聞いた途端一瞬は当時の恐怖心をよみがえらせることかもしれない。あの音のおかげで、もしもの事態を想像することまでは刷り込まれたような気がする。

 

 そうだ、ここでは地震警報の話がしたいのでなしに、J アラートなる警報があることを知ったという話を書きたかったのでした。

 

 昨日のこと。

 役所からメールが届いた。このメールは、わたしの住む町で発生した事件や犯罪情報、災害情報をメールで伝えてくれる、役所の登録制サービスである。

 昨日届いたメールは国と都から出た「国民保護に関する内閣官房からの情報について」であった。要は弾道ミサイル落下時の行動についての指南である。

 Jアラートはミサイルが日本に落下する可能性がある場合のサイレン音なのだそう。

 

 地震警報は<コト>が起きてから知った音。

 Jアラートなるものはどんな音であるかは知らねど、<コト>が起こる以前にその存在を知らされた。

 なにも<コト>は起きていないというのに、よからぬ<コト>へ巻き込まれてゆく覚悟をしておきなさいよと、そんな警告であるような気がしないでもない。

 

 それにしても、自分のブログに弾道ミサイルという単語を書く日がこようとは。

 

 未だ聞いたことのない、できれば聞きたくないサイレン音を、どうか聞かずにいられるよう、ただただ祈るしかない。

 

f:id:sosososora:20170425094806j:plain

通いはじめて6年目の美容院にて。

可愛らしい多肉植物

左上のなんて、食べられそうですよね。

(食べられないですが)

西野 そら