西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

適応能力

 世田谷美術館に行った帰りのこと。

 午後2時過ぎだというのに、お昼をすませておらず、そうとうお腹が空いていた。

 夫はスマートフォンで、蕎麦屋の検索をはじめる。美術館から歩いて10分のところに、良さそうな蕎麦屋があるらしい。グーグルマップに見つけた店名を入力して、見知らぬ街の見知らぬ蕎麦屋まで案内してもらうことにした。

 そろそろ着く頃というとき、行く手の向こうに洒落た蕎麦屋の看板を見つける。

「恐るべし、グーグルマップ」

 と、感嘆する夫。

 ただしかし。無事に目当ての蕎麦屋にたどり着いたはいいが、なぜか店は閉まっている。ホームページでは営業時間とされている時間帯。休業日でもない。なのに、営業していない。   

 さすがのグーグルとて、なにやらの事情までは、適応できない。

 

 で、目に止まった向かいの寿司屋。

 外に置かれたメニューを見る限り高級寿司店ではなさそうではある。が、けっして安さを売りにもしてはいなそう。とはいえ、昼間のメニューで、金額も明記してあるし、なによりお腹が催促するものだから、すぐさま蕎麦から寿司へと変更する。 

 思いがけず、見知らぬ土地の見知らぬ寿司屋に入ることと相成った。  

 寿司屋はカウンターだけの清潔感漂う瀟洒な店構え。L字型のカウンターには4組の客が座り、うち3組が家族連れで常連でもあるようだった。板前との会話が弾んでいる。 

 夫とわたしは空いている最後の2席に通された。目の前のケースには仕込まれたネタが並んでいる。一見しておいしそう。

 ところが。

 このお店、はじめての客のわたしには居心地がわるい。瀟洒な店構えは好みであるが他の客との位置関係がよくないのだろうか。  

 カウンターに置かれてゆくヒラメ、こはだ、まぐろ。頃合いを見計らって握ってくれるが、寿司を味えず、ただ満腹になって店をでたのだった。

 これがいわゆる相性というやつか。

 それとも

 見知らぬ街の見知らぬ寿司屋に、わたしが適応できなかったかのかしらね。フッフッフ。

 

 

f:id:sosososora:20170321181205j:plain

近所の桜です。

さして離れていないところにある桜はまだ、

蕾が膨らみつつある状態です。

この違いは、土なのでしょうか。

西野 そら