西野そらの日々のこと 

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

オプチミスト

 買い物からの帰り。 

 マンションの集合ポストの前でお巡りさんと鉢合わせする。日頃マンション内では見かけぬその姿。なになに?少しばかりの好奇心と少しばかりの不安と少しばかりの驚きで半歩後退る。

「こんにちは、何号室にお住まいですか」

 分厚い台帳を広げながら、唐突ではあるけれどにこやかにお巡りさんらしき人が言った。

 らしき人はもちろんお巡りさんの制服でお巡りさんの帽子を被っている。見かけはお巡りさん以外の何者でもない。しかし、あまりにも唐突すぎる声かけに、よろしくない想像が頭をもたげた。

 本物?   

 でもしかし、マンションの前にはお巡りさんの白い自転車が止まっていたのだった。サドルの後ろにある白い箱には、最寄りの交番名が書かれたシールも貼ってあった。

 きっと本物。

 はたしてお巡りさんが台帳から探しだしたカードには、うちの家族構成がわたしの字で記してある。

 ああ、本物。

 胸の内で疑ったことを詫びる。(ゴメンナサイ)

 

 いくら物騒な世になったとはいえ、どうみてもお巡りさんに見えるひとに疑いの目を向けるとはね。我ながら呆れる。

 読み終えたばかりの『考えすぎ人間へ ラクに行動できないあなたのために』遠藤周作青春出版社)の一節が浮かんだ。

 遠藤周作は自らのことをオプチミスト(楽天家)の要素があり、世の中に対してさほど警戒心を抱かないと言っている。たとえ悪人に会ったとしても、その人のヘンなところを肯定して笑いに変えるのだとか。そして若者の多くはオプチミストというより、自分のことだけに関心があるように見え、好奇心がなくなっている。とも言うのだ。

 1990年に刊行されているから、27年前に遠藤周作はこう書いている。

 ほぉ。27年前の若者。わたしは20代の中頃だったからその若者のひとりであろう。

 若いときは独り善がりなところがあるものだけれど、しかしどうしたことか、当時より今の方がうんと自分のことに気持ちが向いているように思えてならない。

「自分さえよければいい」というのは好きでない。

 とはいっても、騙されないように。恐ろしい目に合わないように。見知らぬ人への警戒心は膨らむ一方である。その結果、気持ちが内に内に向くのかもしれない。

 遠藤周作のように警戒心を抱かないとまではならないにしても、さすがにお巡りさんを疑うほど膨らみすぎた警戒心をどうにかしなければなるまい。

 そういえば、警戒心を取り去る糸口はユーモア。人と人の潤滑油になるのもユーモア。まずは相手に笑いかけること、とも書いてあったっけ。

 普段から笑っているほうではあるけれど、見知らぬ人へも笑いかけてみようか。こちらが怪しいおばさんになりかねないような気もするけれど。

 

 

f:id:sosososora:20170228120942j:plain

しまうときは筒状になる雛飾りです。

飾るときにパカッと開き、

閉じないように筒に付いている紐を

後ろで結びます。

西野  そら