読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西野そらの日々のこと 

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

帰り道

 ことしも居間のカレンダーが最後の一枚になった。これはわたしの予定表でもあり、最後の一枚にも、ポツポツと用事が埋まっている。

 隔週の木曜日に通う講座。十年ぶりに会う友人との約束。若い友人のダンスの発表会。次女のダンス部ライブ、ライブ終了後母さまたちとのお疲れさま会を兼ねた忘年会。近所の友人と出かける約束。病院、美容院、整体。ほかにわたしが知っておくべき家族の予定も記してあるが、友人や仲間のなかに身を置く予定は、いまのところこんな具合。

 ひとつひとつの用事が終わった帰り道、わたしはどんなわたしでいるだろう。カレンダーを見て、ふと、こう思う。

 帰り道。友人や仲間とわかれ、ひとり家にたどりつくまでのこの時間が、わたしにとっては厄介な時間になることが少なくない。それまでの賑やかな時間からひとりになった途端、少しばかりの開放感とともにわたしの心はザワザワしはじめる。

 このザワザワの正体がなんであるのか、最近になってようやくわかってきた。どうやらわたしは、ひととの関わりでさしたる失敗なんぞしていないのにもかかわらず、重箱の隅を突くようにみずからの反省点を見つけだしているみたいなのだ。おそらくは、ほとんどのひとが感じていないだろうと思われることに、「あんたのあのやり方はどうなのよ」とひとり突っ込む。これがザワザワの正体。そしてこのザワザワでわたしはそうとうくたびれてしまう。つまりわたしは徒らに、みずからをくたびれさせていたのだ。

 そも、わたしはモノゴトが荒立つのを好む質でない。厭味も皮肉な笑も然り。それに誰かを目の前にしているときにはどの道、気を遣うのだ。それだからそんな自分を信じてあげなくちゃ、まずいじゃない。

 やっと、こう思えるようになってきた。

 とはいっても、思考には癖があるようだから、この気づきがうまい具合にわたしの思考に変化をもたらすかはわからない。でもしかし、帰り道のザワザワが少なくなってくれることを、ひそかに期待している。

 

f:id:sosososora:20161206160526j:plain

長女が持って帰ってきました。

知り合いの頼まれごとを手伝い、

バイト代のかわりに頂いた花束ですって。

居間にはいると花の香りに包まれます。

西野 そら