西野そらの日々のこと 

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

はてなブログは4周年! 私の変わったこと、変わらないこと

「4年間で変わったこと、変わらないこと」

 

 地震雷火事親父。

 怖いとされているものとして並べられたことわざである。

 実をいえば、最初に地震を置くのは語呂がよいからだと思っていて、地震は怖いという実感がそれほどなかった。

 阪神淡路大震災は被害が甚大であったにもかかわらず、実感につながらなかったのは、揺れることの破壊力と恐怖という点は想像の段で止まっていたからにほかない。

 4年前のあの日。

 激しく揺れる地震にはじめて恐れを感じた。身を守ることを考えるも出口を確保するしかできず、揺れがおさまるのを待ったあの時間。恐怖で震えた。東京は揺れの激しかった地域に比べれば、まだマシであったというのに。

 揺れることで引き起こす現象、被害。

 4年前のあの日。

 それまで原子力発電所の良し悪しなど考えたこともなかった。それだから、人の力が及ばない有り様に愕然とした。原子力発電のことを知ろうと、読んだり、聞いたりしたけれど、なにが正解なのかわからず、正解があるかもわからない。

 ただ原子力発電の知識がほとんどないわたしでも、わからないなりに「思い」は芽ばえた。

 当時の輪番停電は電気の無駄遣いを改める契機であった。使わないコンセントは外して回ったり、ほんのり薄暗い部屋でも十分だと思えた。

 しかし4年経ったいま、電気の消し忘れを夫に指摘される日が続いているのだから、情けないことである。

 この4年を振り返るこのことは、気をひきしめる良い機会であったのかもしれない。

 

 4年前にはじまった幾つかの縁(えにし)もある。

 わたしとは遠い関係であったブログを始めるに至る縁。これはまた別の機会に書くことにするが、4年前のあの年は区切りをつけられる年であったのかしら……。

 

 

f:id:sosososora:20151110120740j:plain

いつか見た空です。

時々、ふと見上げた空に引き込まれます。

西野  そら