西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

距離感

 長女と次女は6歳違い。同じ幼稚園に通わせたのだけれど、親たちの雰囲気は随分と異なっていた。6年前よりやけに親しそうに見える。そう思えたのは母同士の呼び方にあった。

 長女のときは子どもの名前にママをつけて「かなちゃんママ」「ひろくんママ」。

 それが次女のときには、お母さんの名前や愛称で「佳子さん」「純子ちゃん」「のんちゃん」となっていたのだった。

 ママ友からの脱却作戦か。それとも個人尊重、誰かの母としてではなく、個人として付き合いましょうということか。それなら苗字でも差し障りはあるまい。

 

 同じクラスのお母さんたち数人とランチをしていたときだ。

「みどりさんからの連絡で……、」みどりさんとはだれぞや?まわりを見渡す。

わたし以外は「みどりさん」を認識しているもよう。「そうそうひろみさんも……」。 

「みどりさんって、どなた?」隣のひとに訊ねる。「石田さん」。「ひろみさんは?」。「山田さん」。「ああ、石田さんと山田さんね」。

 わたしも「みどりさん」とか「ひろみさん」と呼べばいいのだろうが、こういうところで臍曲の顔がでる。長女のときからそうであった苗字で通している。

 呼び名ごときに頑なになる自分が恥ずかしくもあるが、名前呼びにはどうしても馴染めない。名前呼びをするにはそれに見合うだけの親しさが具わらなけりゃね、というのが根底にあるのだと、思われる。

 そういえば、男性同士は名前で呼び合わないが、「さん」と「くん」を使い分けて上下関係を明確にしているようにみうけられる。もしかしたらわたしが知らないだけで、女性同士にも苗字と名前を使い分けて、なにかを明確にしていたりするのだろうか。

 

 

f:id:sosososora:20150616090415j:plain

 朝はコーヒー派です。

毎朝夫が豆を挽きます。

sora