西野そらの日々のこと 

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

歌う

 「あなたは長寿体質です」

 こう言われた昨年の健康診断。

 どうやらわたし、善玉コレステロールの数値が高いらしい(この数値は高いほうがいいんですって)。

 ただし、「そうだ、ひとつだけ気になるのがありましてね。貧血の数値が低いんですよ」と、長寿体質にもかかわらず、疲れやすい貧血を残念がられもしたのだ。

 貧血との付き合いは長い。 

 だからか貧血の数値は低くとも、それなりにカラダは順応して、ある程度の疲労感には慣れてしまう。よほど数値が低くならない限り、普段は貧血気味であることを忘れている。 

 とはいっても数値が低くなりすぎるとその疲労感や息切れは、なんともひどいのだけれど。 

 

 ゴールデンウイークの最終日。

いつものように5キロを目指し走りだした。

ところが。2キロを過ぎたあたりから呼吸がおかしくなった。ペースを落としても息切れがおさまらない。3キロ手前でついに走れなくなった。数分歩くと、息ぎれはおさまったものの、体はあの感じ。貧血だ。

 レバニラ炒め、ほうれん草のニンニク炒め、鰹のたたき、納豆、ひじき煮、プルーン飲料。思い浮かぶものをこしらえては食べ、買っては食べた。

 鉄分補給につとめるも、とうとう日曜日の午後、「今日の夕飯はつくれない」と宣言する。この日、朝から家のことを手伝ってくれていた夫が「カレーでいいなら、つくるよ」。

 あぁこれで、明日の朝食もカレーできまり。一石二鳥のメニューに諸手をげ挙げて喜ぶ。夫よ、ありがとう。

 カレーをテーブルに並べはじめたころ、大学生が帰ってきた。午後にした宣言を話すと、

「明日のお弁当、どうする?」と大学生。

「夕飯カレー、朝食カレー、お弁当もカレーっていうのは、あり?」しれっと、わたし。

「さすがに、それはないでしょ」と夫。

 かくして月曜日、大学生は塩焼きそば(豚肉、ピーマン、人参、生姜を千切り、ニラ、水菜。材料をごま油で炒め中華麺を投入。鶏ガラのもと、塩こしょう、紹興酒ナンプラー、醤油数滴)。ミニタッパーに、キウイとミニトマトの簡単弁当と相成った。

 朝食は、果たしてカレーライス。ジュース(バナナ、キウイ、ヨーグルト、青汁、牛乳)。  

  

 こんな具合に、たまに貧血がかおをだすけれど、なんといってもわたしは長寿体質なのだ。

「長寿体質なんだから〜」と歌ってみる。 

 

 

f:id:sosososora:20150512082209j:plain

白いバラに目がいきます。

神代植物公園「春のバラフェスタ

開催日
平成27年5月9日(土)~5月31日(日)
※11日(月)・18日(月)・25日(月)は休園日 

sora