西野そらの日々の事ごと

「書く」ことを暮らしのなかの一つに。日々の些事をどう受け止め、考えたのか。忘れないように。

2016-07-05から1日間の記事一覧

ピンクの電話

わたしの携帯電話はいわゆるガラケーというやつだ。 五年ほど前、高校二年だった長女から譲り受けたおさがり。以来、わたしはマットなピンクの携帯電話の主である。 五十歳を過ぎてからは、鞄やポッケトから携帯電話を出すその瞬間、ピンクであることにわず…